大学受験予備校でお馴染みの四谷学院について

十分に指導方針や授業内容を確認してから入学が決められます

四谷の名前は開校した地でもある新宿区の四谷が由来です高校大学受験コースでは、55段階個別指導教材を用いている十分に指導方針や授業内容を確認してから入学が決められます

理解力は科目別能力別授業により、一流講師の分かりやすい授業で獲得できるようになっています。
一方、解答力は四谷学院自慢の55段階個別指導の担当で、きめ細かく分けられたまさにスモールステップに特徴があります。
学力アップの鍵を握るのは授業内容の完璧な理解で、理解力の向上で実現することができます。
ただ、集団指導方式を採用する予備校だと、生徒のレベルによって理解が難しかったり、逆に簡単過ぎるといったことが起こります。
全体的な指導の質が下がったり、本質的な理解に至りにくくなるので、科目別能力別授業で生徒にベストな授業が提供できるようになっているわけです。
解答力は理解力とは違い、授業ではなくテストで問われることになる能力です。
55段階個別指導で応用力を磨き、答えがすんなり導き出せるようになりますから、テストにおける実力の発揮に繋がります。
2つの教育方針を組み合わせたダブル教育は、生徒の成績や自信を引き上げ、そして次のステップへと導くものです。
分かりやすく続けやすいオリジナルテキストは、これまでに多くの卒業生から絶賛されている教材で、改めて教材制作をルーツに持つ強みが窺えます。
地域密着で40年以上の実績を積み重ね、一貫した理念で運営が行われていますから、成績アップや受験勉強において有力な選択肢となるでしょう。
合格体験記DVDつきの資料がもらえたり、無料の個別相談会が提供されているので、十分に指導方針や授業内容を確認してから入学が決められます。

中学生の頃から友達と函館のライブハウスにまで追っかけしてたんだけど予備校に通って成績UPして入った高校で成績悪くて担任にけちょんけちょんお母さんが助けてくれたけど、結果グレた #新谷ゆづみ
https://t.co/4cpharHWZe #JFNPARK

— 叫ぶ人、呟く(ピンク)@願いを叶えて また会う日まで (@tn_urawa) 2019年11月26日